ドローン専用の爪「Mantis Carbon」を発表

スポンサーリンク

 

drone claw

 

ドローンに装着する専用の爪「The Mantis Carbon」が発表されました。

現在は試作機の段階で、最初の生産のためにわずかな資金の提供が必要だと発表されています。

これはBen Kardooshによってデザインされた前作の改良型です。より大きな爪とより強力になったグリップ力が特徴です。重量はおよそ150gで、Phantomやカスタムドローンなど、より強力なドローンの装備に最適です。

 

drone claw

 

この爪が持ち上げに耐えられうる重量は理論的には1キロまで可能で、現在そのテストのためにプロジェクトを進行させています。このパワーは従来のドローン用の爪の中で最高値としています。

開発にあたって最大の設計上の課題は、製品のパーツを製造する射出成形技術です。射出成形とは、加熱溶融させた材料を金型内に射出注入し、冷却・固化させる事で、成形品を得る方法のことを言います。迅速かつ効果的に実践するためには多くの先行投資が必要となりますが、この先行投資をいかに小さく抑えることができるかが、成功のポイントであると語っています。

 

drone claw

 

また、最高の製品を作るために幾多のデザイン変更をする可能性があるが、良いデザイン、優雅さ、有用性を全て満たすという哲学を元に、ベストを尽くすので安心して欲しいと語っています。

この製品の開発チームは、デザインと開発を担当するMantis Technology LTDのCEOであるBen Kardoosh、Royal Hollowayでコンピューターサイエンスを学んでいるWeb技術担当のOllie Kardoosh、そしてシェフィールド大学のPRと管理を担当するReina Fujimotoです。

 

source:KICKSTARTER

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like