三井不動産が建設現場にて、ドローンを使った実証実験を実施

スポンサーリンク

東京に本社を置く三井不動産株式会社が、2017年7月にベンチャー企業のベンチャー企業のDronomy Ltd.と、ドローンの実証実験を東京都中央区日本橋室町3丁目の建設現場にて実施したことを発表しました。Dronomy Ltd.は、本社をイスラエルに置くベンチャー企業で、三井不動産が設立したCVCファンド(31VENTURES Global Innovation Fund)を通じて出資している企業です。

 

dronomy

URL : 三井不動産

 

今回実施された実証実験では、Dronomyが独自開発したドローンの自立飛行技術を使用し、三井不動産が再開発組合の一員として推進している「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区」の建設現場を空撮しました。現在現場は3階部分の一部まで工事が進んでおり、ドローンによる工事現場の空撮、そして建物の3Dモデルの作成を行いました。Dronomyが計測・取得した各データはクラウド上で管理されており、今後は工事の進捗管理や計測、関係者間の情報共有ツールとしての活用を検討しています。このようにすることで、各業務の効率化や人件費削減、安全管理の向上等の実現可能性を探っていきます。三井不動産では今回実施された実証実験の実績を活かして、都市開発事業におけるテクノロジーの活用について検討を進めていく予定です。

 

dronomy

URL : 三井不動産

 

・高精度なドローンソリューションを提供するDronomy

 

dronomy

URL : 三井不動産

 

Dronomyはイスラエル軍のドローン研究者や測量部隊の司令官などを務めたトップエンジニアが2015年に立ち上げたベンチャー企業です。同社が提供するドローンソリューションは高精度であり、Dronomyがソフトウェアを提供するドローンは、操縦を必要としない完全自律飛行が可能になります。さらに、高精度の機体制御を行うことができるため、建物の壁面に沿った飛行が可能となります。そして取得するデータの誤差は1cm程度まで抑えることができるため、、高精度な3Dデータの作成が可能となります。

同社が提供する測量サービスは、建築現場で使用されているドローンの測量サービスの中でも世界最高クラスの測量精度を実現することができると期待されています。高度な測量精度によって、施工期間の短縮化や工事進捗の管理や検査の省力化などが可能となり、生産性の向上や事故の低減などが期待できます。Dronomyは今回の実証実験を受けて、今後は日本国内でのサービス展開を進めていく予定です。

 

source : 三井不動産,cnet japan

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like