ムンバイが違法建築のモニターにドローンを使用

スポンサーリンク

インドのムンバイ大都市圏開発機構(Mumbai Metropolitan Region Development Authority(MMRDA))は、SPA(Special Planning Authority)として、指定された地域での不法建設が増加していることを問題視しています。SPAは特別地域で活動する地方の団体であり、既存の建物や新しい土地利用の変更を許可されています。しかし、不法建築や不法占拠を常時監視するのは難しい状況です。そこで、不法建設を防止するための手段として、ドローン等の無人航空機を使用することを検討しています。360度撮影可能なカメラを機体に取り付けることにより、今後起こりうる侵害や違法な建設をMMRDAが見つけるのに役立ちます。

 

mumbai drone

URL : UAS VISION

 

MMRDAの上級管理職は、「私たちは、空港を除くすべてのSPAエリアのドローンを使用した調査を提案しました。私たちはそのことについて議論を交わし、提案を提出しています。ドローンを使った調査で得られたデータは長期的に役立ちます。」と語っています。現在、企画機関は指定地域の侵害を特定するためにGoogle mapを使用していますが、指定地域の正確な画像を提供することができないため情報としては不十分であることが分かっています。Google mapでは土地や侵害されているのかされていないのか、そしていつ侵害されたかなどを知ることができます。これらの情報は土地の侵害がなされた際に役立てることができます。しかし、建築物を不法に増設した場合には、Google mapでこれを識別することは困難です。」とMMRDAの上級管理職は付け加えました。

 

bhiwandi

URL : CONNECT FRANCHISE

 

Bhiwandiのような地域では、MMRDAは証拠書類の不足のために違法な建設を抑制するのに苦労しています。MMRDAが2007年にSPAに任命される前に、Bhiwandiは地方自治体の基礎となるGram Panchayatの管理下にありました。地方自治体は、10年経ってもその地域に関連する土地文書や証明書を計画機関に引き渡しませんでした。このような場合、ドローンを使った調査は侵害がいつ起きたのか、侵害された地域がどれくらいあるかを確認するのに役立ちます。「ドローンを使った調査で取得したデータは将来的に、どの政府機関からでもアクセス可能な重要なデータとなる」と同関係者は述べました。また、MMRDAは、地下鉄線やMTHL(Mumbai Trans Harbor Link)建設のためにドローンを使用した航空調査を実施しています。 この技術は土地取得プロセスの円滑な実施に役立てることが可能となります。

 

source : UAS VISION,Special Planning Authority Baripada,CONNECT FRANCHISE

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like