パナソニックの風船型ドローン「バルーンカム」 ライセンス提供を開始


スポンサーリンク

 

panasonic-drone

 

今年の6月に新エンターテイメント用風船型ドローン「バルーンカム」試作機を開発したパナソニックは今月10日、バルーンカムの開発・製造、販売についてのライセンスの提供を開始したと発表しました。8月1日から既に提供が始まっており、様々な業界での活用を推し進めていくねらいがあります。

バルーンカムは、ドローンを超大型風船で包み込んだような形状を有しています。ヘリウムの浮力を活かして飛行エネルギー節約を実現しており、長時間の安定した飛行が大きな魅力です。機体にカメラやプロジェクターなどを搭載することが可能で、バルーン表面に映像演出やデザインを施すなどといった利用方法もあり、エンターテイメントドローンとして非常に使い易い機体です。万が一墜落した場合でも、プロペラや本体などの人に怪我を負わせてしまうような硬い部分は風船に包まれており、被害を出しにくい設計になっています。

 

panasonic-drone

 

従来のドーム内撮影では、どうしても撮影対象への撮影パターンが限られてしまいがちでした。バルーンカムのような安全な無人航空機の出現によって、観客や撮影対象にぐっと近づいて上空から撮影するなどの臨場感あふれる映像を撮ることができます。球技試合での利用は球の衝突などの危険がありますが、個人的にはライブコンサートなどでパフォーマンスと空撮を同時にこなしてくれることを機体しています。

 

Source:

Panasonic “「バルーンカム」のライセンス提供を開始”

Panasonic “スポーツ、イベント演出用ドローンシステム’バルーンカム’の試作機を開発”

 

関連記事:

パナソニックがイベント演出用のドローンシステム「バルーンカム」を開発

シルク・ドゥ・ソレイユも協力!ドローンが舞う美しいエンターテイメント

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like