パナソニックが画像処理技術を活用したドローン点検サービスを開始

スポンサーリンク

2017年7月4日、パナソニック及びパナソニックソリューションズジャパンは道路・橋梁・ダム・鉄道・エネルギーなどの各種インフラ設備に対して、ロボティクスと画像処理技術を活用したインフラ点検サービス「Smart Image Sensing」の提供を開始すると発表しました。

具体的なサービス内容4点のうち、高い構造物や災害現場などにおいてはドローンを用いた点検支援サービスを2017年度内に開始すると述べており、パナソニックの強みであるロボットや4K画像などの撮影デバイスや、最新の画像処理技術とうまく組み合わせて活用していくことが期待されます。

 

URL:パナソニック

 

インフラ設備の課題として、新規インフラの構築だけでなく、既存インフラ維持のための点検・保守・老朽化対策が求められている一方で、労働人口減や高齢化により点検・保守にあたる要員の確保が難しくなっているという点が挙げられます。解決に向けて人的に点検していたものをロボットに置き換える動きはここ数年で目立ってきており、パナソニックの本サービスもその一環であると考えられます。

具体的には、水中Rov.点検・インフラ設備撮影サービス・4K画像活用構造物点検サービス・ドローン点検支援サービスの4点をインフラ点検サービスとして展開していくことになります。これらのサービスは、インフラ点検の測定結果をパナソニックの画像処理技術を用いることで可視化し、測定データの収集・管理・提供をします。

特にドローン点検支援サービスは、カメラが搭載されたドローンによって高所インフラ設備の確認や災害発生後のリアルタイムでの現場状況確認や要注意箇所の監視支援サービスを提供します。本サービスは飛行申請からドローン運航・映像収集・画像蓄積・報告までワンストップで実現します。今後は特に画像処理の精度に焦点を当てることでサービスとしての質向上を目指していくと述べています。

 

URL:パナソニック

 

また、その他のサービス詳細は以下のようになります。

  • 水中Rov.( Remotely Operated Vehicle)点検サービス

従来は困難であったダム水中部の網羅点検と点検結果の数値データ化により経年変化をモニタリングし、顧客の予防保全型維持管理を支援するサービスです。面積あたりの点検効率向上と映像処理の高度化を実現する事で、点検作業からデータ提供・報告までの時間を大幅に削減し、コンサルティング業務の負荷低減に貢献します。

  • インフラ設備撮影サービス

停電の原因にもなる電柱上のカラスの営巣の点検など、高所・広範囲における目視点検作業を、車両等からインフラ設備を自動撮影を行い、画像履歴管理と画像AIを活用して異常検知し省力化するサービスです。今後はAI技術を更に発展させ、樹木の繁茂による電線の離隔距離の変化などの予兆管理サービスへと高度化を目指します。

  • 4K画像活用構造物点検サービス

これまでの構造物点検は、目視やセンサーを使用したものが主流でしたが、足場設置に伴う安全面やコスト面に課題がありました。4Kカメラ映像で定点観測を行い、たわみ量を可視化し、橋梁などの構造物を効率的にかつ安全に計測するサービス提供を行います。

 

source:パナソニック

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like