ドローンメーカーのParrotが開発する空飛ぶスーパーコンピューター「Kalamos」

スポンサーリンク

 

2015年3月にアメリカ・カルフォルニアで開催された技術カンファレンス 2015(GPU Technology Conference)では動画作成やパソコンによる画像処理、3Dゲームの開発に用いられるGPU(Graphics Processing Unit)をテーマに各会社がブース形式で製品を紹介していました。今年のカンファレンスではParrot社がNVIDIAが開発しているJetson TK1を搭載している「Kalamos」というドローンを発表して注目を集めていました。

 

kalamos

 

スパコン並みの処理能力を持つ

Kalamosに搭載されているJetson TK1はスパコンとほぼ同程度の処理能力を持つGPUの組み込み用開発キットで、医療分野やロボット分野での数値計算システムで活用されているものです。Linuxが採用されており、ソフトウェア開発が容易であることからParrot社はJetson TK1の利用を決めました。

スパコン並みの処理能力を持つGPUをドローンに搭載させたことによって、飛行中に空撮している映像やセンサーで集めたデータをリアルタイムに演算処理して解析することができるようになります。今回の発表ではKalamosには2つの立体センサーカメラが搭載されており、GPSで自分の位置を認識しながらあらゆる角度で立体物を撮影し、リアルタイムで3Dモデリングを作成するデモを行っていました。

今回はデモ用に開発していたソフトウェアのため、若干粗い画像となってしまっていましたが、きちんとタイムラグ無しで3Dマッピングを作成することに成功しました。一方で、高い演算処理を維持するためにバッテリーの消費量が多く、飛行と演算処理を並列で行うと数分間しか飛行時間が持たないという問題も解決する必要があるとのことです。

 

 

今回のカンファレンスでは、スイスの人工知能研究所であるIDSIAが「Deep Neural Networks for Visual Pattern Recognition Problems(視覚パターン認識問題に対する深層ニューラルネットワーク)」というセッションにて、GPUを搭載するドローンの将来の可能性について発表をしていました。GPU搭載のドローンは高度な演算処理能力が付くことで、人工知能が搭載できるようなるだけでなく、高精度な自律飛行も可能になるとしています。現在は、高速で飛行中にリアルタイムで周囲の障害物を認識してそれらを回避することは、CPUの演算処理速度の問題で難しいのですが、GPUが搭載されることによって、森の中のような障害物だらけの環境はもちろん、街中などでもドローンが飛ばせるようになる可能性があります。

ムーアの法則により、さらにCPU処理速度が上がれば、現在のスパコン並みの処理速度を持つドローンが一般的になるかもしれません。それによってドローンの活用の幅はさらに広がっていくでしょう。

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like