DJIが新製品「Phantom 3 Professional / Advanced」を発表

スポンサーリンク

 

 

DJIが新製品を発表

世界のホビー用ドローンにおいて、トップシェアを獲得しているDJI社が新製品を発表しました。
人気シリーズである「Phantom」の最新バージョンになります。
発表された製品は2種類あり、「Phantom 3 Professional」と「Phantom 3 Advanced」です。
これまでホビー用として発売されながらも、Phantomシリーズはプロの空撮にも使われるなど、高い性能を誇るドローンでした。
PhantomにはGoProなどの他社製のカメラを組み合わせるカメラ無しモデルと、最初からカメラが搭載されているVisionモデルが用意されていました。
今回発表されたPhantom 3 Professional / Advancedは、最初から電動ジンバルとカメラが搭載されたモデルになります。

 

phantom3pro

phantom3

 

カメラは大幅な性能アップ

Professionalのカメラは4K 30fps、Advancedは1080pフルHD 60fpsまでの動画撮影が可能です。静止画はどちらも12Mピクセルとなっています。
レンズの画角は94度、F2.8となっており、Vision+モデルと比べて画角が狭くなったために自身の脚が映ることや像のゆがみを防ぐことができます。
またPhantom 3は4KやフルHDでの動画撮影だけでははなく、720pでのストリーミングにも対応しています。
FPV用の通信に追加でWi-Fi接続する必要がなく、機体とコントローラーの間で直接通信を行います。
コントローラーにスマートフォンやタブレットをUSB接続することで、FPV映像を表示することができます。
またアプリケーションを使用し、スマートフォンのネットワークを介することで、YouTubeにリアルタイムで配信することも可能です。

ドローン比較.001

 

高精度のGPSと専用カメラセンサ

GLONASS対応の高精度GPSと、安定飛行させるためのカメラセンサが搭載されています。
カメラセンサの画像から姿勢や位置を認識することで、室内でも安定したホバリングや飛行が可能です。
またGPSによって、コントローラーとの通信が途切れた際に自動的に最初の場所に戻る機能にも対応しています。
飛行可能時間は約23分となっています。
値段は Professionalが1,259ドル、Advancedが999ドルで、日本での発売予定は未定になります。

 

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like