プロドローンが新たに産業用ドローンの新型機を公開、用途に応じて3つのタイプを用意

スポンサーリンク

 

株式会社プロドローンは新たに産業用ドローン事業者向けに機体を公開しました。

機体は「基本プラットフォーム」と呼ばれており、利用者のニーズに応じて機体のカスタマイズやソフトウェアの開発などにも対応するとしています。

今回発表された新型基本プラットフォームは全天候型となっており、機体のサイズについても用途に応じて大型・中型・小型の3タイプが用意されています。

 

PD6B-AW

大型基本プラットフォームの「PD6B-AW」は雨天時のフライトも可能な機体で、最大積載重量が20キログラムにもなります。そのため、空撮用途で利用する場合には映画用カメラなどの大型機材を搭載することも可能で、映画やCM、ドラマの撮影などにも利用することができます。

また、PD6B-AWは機体重量が18.8キログラムにもなるため、飛行中に風の影響を受けにくく、姿勢を安定させながら安全に航行することが可能です。物資を輸送する用途としても十分に活用が期待できる機体となります。

 

プロドローン

大型基本プラットフォーム PD6B-AW

プロドローン

 

PD6-AW

中型基本プラットフォームの「PD6-AW」は全天候型の6枚機となります。最大積載重量は約5キログラムで、日本アビオニクス製 小型・軽量赤外線サーモグラフィカメラを搭載しているため、インフラ点検やビルの外壁の点検、メガソーラー発電所の検査などに利用することも可能です。また、ウィンチが搭載されているため、指定した場所まで荷物を運搬し、着陸することなく荷物を現場に下ろすなどの作業を行うこともできます。

 

プロドローン

中型基本プラットフォーム PD6-AW

プロドローン

 

PD4-AW

水面にも着水可能な小型基本プラットフォーム「PD4-AW」は有線給電システムを採用しています。そのため、飛行中に有線で給電を行うことによって、制限のない長時間飛行が可能です。機体重量は2.4キログラムで、最大積載重量は3.5キログラムとなります。空撮、測量、点検といった用途での活用が見込まれています。

 

プロドローン

小型基本プラットフォーム PD4-AW

プロドローン

 

今回新たに発表されたこれらの機体は2016年4月20日から幕張メッセで開催される「第二回国際ドローン展」にて展示される予定です。

 

source : プロドローン プレスリリース

source : プロドローン ホームページ

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like