プロドローン社、壁面検査可能な自走式張り付き型ドローンを開発


スポンサーリンク

株式会社プロドローン(愛知県)が、自走式張り付きドローン、「PD6-CI-L」を開発したことを発表しました。このドローンは水平面・垂直面両方において壁面検査が可能であり、社会インフラ検査市場向けのドローンです。

「PD6-CI-L」は、9月7日から9日までアメリカのラスベガスで開催される産業用のドローン見本市「InterDrone2016」のプロドローンブースにおいて参考展示されます。

 

d14359-9-902308-1

社会インフラ市場において、従来のドローンのほとんどは空中をホバリングしながら検査していますが、突風が吹くなどの特殊な環境下での作業では、ホバリングを行いながらの検査では不十分なことも多々有ります。しかし、今回プロドローン社が開発した「PD6-CI-L」は、従来のドローンとは違い、検査をする壁面に対して直接張り付いたまま自走をすることができるため、安定した検査を行うことが可能になりました。また、2016年4月に開発を発表した「PD4-CI」は天井面(水平面)での自走が可能でしたが、今回の「PD6-CI-L」は、壁面(垂直面)の張り付き検査も行えるように改良を加えたものとなっております。この改良によって、社会インフラ検査において、様々な対象物の検査が可能になったと言えます。

「PD6-CI-L」の基本的な仕様は以下のようになっています。


■仕様
モーター軸間距離:600mm(浮上用) 418mm(前面)
最大ペイロード:2kg
機体重量:6kg
最大速度:5km/h(検査時の自走速度) 20km/h(飛行時)
全高:720mm
飛行可能風速:5m/s(張り付き検査時を除く)
プロペラ直径:15inch
飛行時間:10min
バッテリー:22.2v/6000mAh x2
飛行可能気圧高度:3000m
その他:張り付き検査時自走用車輪 x6


以下が「PD6-CI-L」の動画になります。

 

 

source:PRTIMES

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like