カボチャを使ったアンチドローンシステムが登場!


スポンサーリンク

 

PUMPKIN CANNON VS DRONES

 

ドローンによるプライバシー侵害や、禁止区域での飛行などを受けて、アンチドローン・システムの開発が世界各地で取り組まれていますが、2016年10月に最新のアンチドローンシステムが開発されました。使用するのは「カボチャ」です。これは10月28日にハロウィンに向けて発表されたもので、上記でも述べているように、カボチャを大砲で発射、違法に飛行しているドローンを撃ち落とす武器となっております。

 

 

当然のことですが、カボチャは通常ドローンを撃ち落とす用途として使用されるものではなく、重く、安定的な発射は難しく、発射をするためには相当に大きな大砲を必要とします。さらに、ドローンは通常広範囲を素早く飛行することが多いため、機体に命中させるのは困難を極めます。しかし、違法・不適切に飛行しているドローンに向けて発射し、もし仮に機体に当てることができたら、威力は凄まじく、機体を墜落させることができます。

 

PUMPKIN CANNON VS DRONES

 

アメリカのドローンメーカー。Autel RoboticsがYoutubeで公開した動画では、巨大な大砲がたくさんのカボチャを発射させ、ドローンに命中させている様子が確認できます。大砲については非常に大型で、本格的な仕様となっていることが確認できます。飛行している機体についてはPhantomやSoloなどが使用されており、ハロウィンに合わせてそれぞれドクロやおばけ、スーパーマンの衣装など様々なコスチュームを着せて飛行させています。

 

PUMPKIN CANNON VS DRONES

 

また、空飛ぶカボチャのニックネームを持つ、Autel Robotics社のX-Star Premiumも使用されています。同機は機体がオレンジ色でまるでカボチャのようなビジュアルを持ち合わせているため、上記のようなニックネームで呼ばれています。同機は動画内でおばけカボチャのコスチュームを着せて飛行しています。

 

PUMPKIN CANNON VS DRONES

 

肝心の命中精度や威力ですが、飛行している機体に正確に命中させているため、精度は非常に高く、機体が破損していることから、威力についてもドローンを墜落させるには申し分ないパワーを持っています。

カボチャを使ったアンチドローンシステムが、実際に産業に導入可能性はほとんどないと思われますが、会社全体でハロウィンに向けたこのような大規模な実験を行っているのは、非常にユニークで面白いです。

実験の様子については以下の動画で確認できます。

 

 

source:POPULAR SCIENCE,PUMPKIN CANNON VS DRONES!!

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like