ロールスロイスがドローン船で大幅なコストカットを計画

スポンサーリンク

 

 

なんとあのロールスロイスが無人貨物船のプロジェクトを進めているそうです。

 

 

ドローン船で大幅なコストカットを実現

無人貨物船はドローン船とも呼ばれており、経路を事前に指定すれば人が介在しなくても自動で目的地まで航行する船を指します。大量の貨物を積んで大洋を渡る船団を、地上の管制室からモニタリングするだけで良いとなれば、人件費を含めて様々なコストをカットできることは間違いありません。

現在、世界中の貿易商品の90%は海路で運ばれており、そのマーケットサイズは年間で3750億ドルに上るそうです。ロールスロイスはドローン船プロジェクトの大きな目標として、海上船舶をより安全で低価格、効率的なものにしたいとしていますが、やはり実現するためには様々な問題を解決する必要があります。

ドローン船を導入する際の最も大きいメリットはコストカットの面です。有人海洋船舶貨物の事業では、全体の経費の約44%は人件費と言われていますが、無人化することによって一日当り最大で3300ドルの人件費カットができるのです。また、人間の寝泊まりに必要な宿泊設備をすべて取り除くことができるため、貨物の積載容量を増やすことができ、5%の軽量化が可能です。それにともなって、人間が搭乗しないことで最大で15%の燃料が節約できると試算されています。

 

 

解決するべき課題とは

こういった無人貨物船を実現するための最も大きな問題は労働組合だと考えられています。すでに働いている従業員にとっては、ドローン船が導入されることによって働き口がなくなってしまうわけですから、抵抗があるのも仕方ありません。「船上では機械が到底できないような仕事もたくさんあり、無人化するなんて無理だ!」というのが彼らの主張です。しかし、海運会社にとってはドローン船は喉から手が出るほど実現したいテクノロジーであることは間違いありません。大幅なコストカットができるだけでなく、完全に自動化された中で最適な航路を辿って航行できるために効率化にも繋がります。将来的には必ずドローン船が主流になってくることは間違いないでしょう。

一方、労働組合以外にも気になるのが、海賊からの襲撃にどう対応するのかという問題です。現在でも一部の海峡では貨物船を襲う海賊が問題視されていますが、無人船ともなると盗まれ放題になってしまいます。そういった意味でセキュリティ面が気になりますが、もしかするとそのときには飛行型ドローンが出動し、撃退行為を行ったり犯人の写真を無線通信で管制センターに送ったりするのでしょうか。防犯用ドローンも数多く登場している昨今ですのであながち間違った推測ではないかもしれません。

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like