サンディエゴがドローンに関する法律を改正へ

スポンサーリンク

サンディエゴ市議会は2017年4月10日、ドローンの安全運転を奨励するための地方自治体の法律を改正し、連邦航空局の規則に沿った地元の法律を制定することを全会一致で賛成しました。

 

空撮 ドローンURL : San Diego City Council votes to amend local drone law

 

サンディエゴは、ドローンを使用している人々の安全を守り、権利を尊重するためのドローン規制を採択しました。

市当局者は、連邦航空局の規制の下で違法ではない行為を、この規制によって違法行為をしないことを強調し、この規則を「弾圧」と表現することに抵抗しました。しかしこの規則は、地方の法令執行機関が令状の発行や罰金の徴収を可能にします。

同市の規制は十分に進まず、ドローンの使用が増えるにつれて避けられないであろう人々への被害を適切に防止することはできないであろう、と批評家は述べています。しかし、新規則を満場一致で承認した市議会は、善意のドローン利用者を妨げたり、サンディエゴのドローン産業に負の影響を与えないように、安全性を高める規制を導入する、と称賛しています。

 

空撮 ドローンURL : San Diego adopts drone regulations to boost enforcement, safety

 

Chris Cate議員は、この動きはドローンの鎮圧ではなく、単に連邦法を反映したものであると強調しました。また評議会のMark Kersey議員は、空港権限委員会の代表として、法律の改正を支持しています。

また米国プロ野球チームのサンディエゴ・パドレスのセキュリティ担当シニア・ディレクターの、Leonard Davey氏は、評議会修正案の支持者の一人です。

「本チームの球場で選手・ファン・コーチ・スタッフ・関係者のために安全で安全な環境を作ることが私の使命です。近年のドローンの盛り上がりは、私たちにとっては脅威です。最悪の事態は、球場や駐車場内をドローンが飛び回って墜落させてしまうことです。」とDavey氏は語っています。

 

source : San Diego Union-Tribute , CBS8.com

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like