中国の物流大手SF Express社が中国軍からドローンの運用許可を取得

スポンサーリンク

 

中国の物流大手のSF Express社が国内で初めて軍空域でのドローンの運用許可を取得することに成功しました。SF Express社は、2015年に中国南部の遠隔地や山間部に荷物を配送するためにドローンの使用を開始しています。今回運用を許可された空域は軍が厳格に管理をしており、今回の運用許可の取得をきっかけにドローンを使った配送プログラムを本格的に開始する予定です。

 

sf express drone

URL : Caixin

 

地方自治体はこれまで軍の使用許可無しで指定された空域で商用ドローンを使用することは禁じていました。SF Express社は江西省甘粛省の軍空域内でのドローン配送サービスを提供する唯一の物流会社となり、地方自治体と協力して事業を推し進めていく予定です。このライセンスにより、SF Express社はドローンを使った配送サービスにおける主要な競合のJD.com社よりも一歩早いスタートを切ったことになります。SF Express社とJD.com社の両社は、未開発の農村地域での配送サービス向上のためにドローンを開発しています。 これらの地域では荒れ果てた地形は十分なインフラ整備が行き届いていないことが原因となって生じる高額で時間のかかる配送が問題視されています。政府が公表したデータによると、SF Express社の実証空域がある甘粛省では、76%が森林であり、83%以上が山岳地帯となっています。

 

sf_express-drone-china

URL : gbtimes

 

SF Express社は、5kg(11ポンド)から25kgまでの荷物を15kmから最大100km先まで配送することのできるドローンを発表しました。ドローン技術を開発している中国の物流・配送会社のパイオニア的存在として、SF Express社は2012年にドローンの研究を開始しました。これまでSF Express社が取得してきたドローン関連の特許は151件にものぼります。中国の電子商取引プラットフォームを提供しているJD.com社は、2016年にドローン事業へ参入し、4月にはドローン専用基地局を150拠点建設するという野心的な計画を発表しました。JD.com社はまだ軍隊の免許を取得していないため、ドローンを制限された空域で飛行させるたびに、軍の航空管制部に飛行計画を提出しなければなりません。

なおSF Express社は、取得したライセンスがどれくらいの期間有効であるのか、またライセンスがどのように機能するかについての詳細を発表していません。しかし、今回の発表により同社がさらなる事業拡大をすることが期待できます。

 

source : Caixin,ROBOTEER,gbtimes

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like