静岡県のプラモデル見本市「静岡ホビーショー」で7社がドローンを出展

スポンサーリンク

 

 

静岡県静岡市で2015年5月14日から開催されている国内最大級のプラモデル見本市「静岡ホビーショー」にて、7社がドローンを出展しています。17日まで開催されており、16日からは一般客の入場も可能。

 

 

ドローンの出展数は過去最高

首相官邸の屋上でドローンが発見された事件を受けて、国内ではドローンの規制に関する論調が高まりを見せていますが、今回の静岡ホビーショーにドローンを出展した業者もホビー用ドローンで遊ぶ際は飛行上の注意をしっかりと守って節度ある飛行を楽しむように促しました。

今回の見本市で出店されたドローンの価格は5,000〜450,000円と幅広い種類が揃っています。イベントの主催者によると、ドローンの出展は2011年から増え始め、今年は過去最高を記録しているとのことです。今年紹介されているドローンは、カメラは搭載しておらず、ただ飛ぶだけの機体から、ハイビジョンカメラを搭載して本格的な空撮が楽しめるものまで様々です。

日本ラジコン模型工業会はドローンに関しての安全運用を会場で呼びかけており、ドローンの購入者への保険加入を促す文書を公表しています。会長の鈴木明久氏は行政に対して、機体登録や保険加入を義務付けて欲しいと述べています。

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like