Intelの新型ドローン「Shooting Star」を使った光のショーでギネス記録


スポンサーリンク

 

shooting star

 

Intelが新型ドローン「Shooting Star」を発表しました。また、同機を500機利用した光のショーでギネス記録を打ち立てています。

 

shooting star

 

同ドローンはショーやエンターテイメントのために設計されたLED搭載機で、当初は、テーマパークや競技場、大晦日などの大規模なイベントにおけるショーなどのエンターテインメントに使われる予定です。同機はクアッドコプター型の機体で、重量はおよそ280g程度と非常に軽量なモデルとなっております。飛行テスト中、IntelのUAVグループ担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのAnil Nanduri氏が、ドローン群の着陸エリアの真ん中に立っていた際、そのうちの1機が同氏の頭の上に着陸しても気づかなかったくらいです。

 

shooting star

 

上記でも述べているように、同機はLED搭載機ですが、機体に組み込まれたLEDによって、40億を超える色の組み合わせを表現することができます。また、システムのアルゴリズムによって、ドローンの配置場所が決まり、飛行経路も最適化され、さらに数百機のドローン群全体を、1台のコンピュータで制御できるというIntelらしいスマートなシステムも搭載されています。また、今回のショーのように、大量の機体を飛行させた場合の安全面が非常に気になるところですが、上記でも述べているように機体本体が280gと非常に軽量な上、プロペラのケージやジオフェンシングなどの安全機能が搭載されているため、安全面については十分な対策を講じていることが分かります。

 

shooting star

 

500機のドローンを使った今回のショーはドイツで行われました。米連邦航空局(FAA)の商用ドローンに関する新規則「Part 107」にて、これらの類のドローンの利用を禁じていますが、Intelはこの規則に関して免除を受けている上、夜間にドローンを飛行させる場合でも1人のパイロットが複数のドローンを担当できることから、大量のドローンを使った類似のライトショーは今後米国でも開催されることが予想されます。Intelのドローン群は今後、今回のショーのようなエンターテイメント領域だけでなく、ビル建設の自動化や公益設備の検査、または捜索や救助活動など、様々な分野での活躍も期待されます。

500機のShooting Starを使ったショーの動画は以下で確認できます。

 

 

source:ZDNet,Intel’s 500 Drone Light Show | Intel

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like