シンガポール政府、公的機関のドローンの利用をより簡易・迅速に行える取り決めを決定


スポンサーリンク

 

singapore

 

シンガポールは数ある国の中でも、ドローンに力を入れている国の一つですが、シンガポールの政府機関が、工事現場や建設現場などにおけるドローンの導入を簡易化・迅速化する決定をしました。

シンガポールの運輸省(Ministry of Transport)は2016年11月11日に、ドローンなどの無人航空システム(UAS)を公的機関に提供するために、計3社の無人航空機開発会社と契約を結んだと発表しました。この契約によって、ドローンなどを使った無人航空機サービスの配備を促進していくと共に、公的機関からの需要を集約して規模の経済を達成すると同省は主張しています。

契約を交わした無人航空機開発会社は、Aetos Security Management、 Avetics Global、そしてCWT Aerospace Servicesの3社です。前2社のAetos Security ManagementとAvetics Globalは、有線型の無人航空機サービスと無線型の無人航空機サービスを提供する一方、CWT Aerospace Servicesは無線型の無人航空機サービスのみを提供しています。有線型のサービスには機体にケーブルが取り付けられているため、自由自在に飛行することはできませんが、電源を供給したり、データを送受信したりすることができます。これとは対照的に、無線型のサービスは、機体とケーブルが接続されていないため、自由自在に飛行することができます。

 

singapore

 

今回締結された契約によって、政府機関は無人機を数日以内に迅速に入手することができるようになります。新しい契約を利用する機関の1つは、陸送局です。トムソン・イースト・コーストライン(TEL)の10もの作業現場にドローンを展開していくための継続的な試験を、最大1年間実施していく予定です。

さらに、運輸省は2月に、公的機関がドローンの潜在的に有効な利用方法を、25種類以上もテストしていると述べています。例えば、国家環境庁(National Environment Agency)は、深刻な問題となっているデング熱が多発しているエリアにおける軒樋の調査のために無人機を導入することを検討しています。

運輸省のPang Kin Keong秘書官は、「無人航空機の技術の急速な進歩により、公的機関による無人航空機のより幅広い利用が可能になり、業務の効率と有効性が高まります。」と語っています。

 

source:THE STRAITS TIMES

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like