ソフトバンクが空撮用のプロペラ内蔵型軽量ドローン2製品を販売開始へ

スポンサーリンク

ソフトバンクコマース&サービス(ソフトバンクC&S)は、中国AEEのドローン2製品である、障害物回避センサーを備えた「SPARROW 360」を39,290円で7月28日から、61gと超軽量な「AirSelfie」を46,800円で8月11日から発売することを決定しています。

 

URL:Sorfbanku C&S

 

「SPARROW 360」は飛行中の安全に配慮しつつ、高い撮影性能を実現したドローンです。飛行中に高速で回転するプロペラをカーボンボディに内蔵したプロペラ内蔵デザインを採用しており、本体4面にセンサーを搭載することで障害物を自動回避する機能を備え、安全性に配慮されています。

また、1200万画素のHD画質で撮影可能なカメラと4LEDのフラッシュライトを搭載し、0°~90°のアングル調整機能やブレ軽減機能など、安全性と共に高い撮影性能が実現されています。飛行時間は約8~10分・最大上昇高度は10m・制御距離は30mといった仕様で、操作には2.4GHzのWi-Fiを利用します。

しかし注意点として、バッテリを含む重量は270gであり、200g以上なため改正航空法の対象となります。

内蔵バッテリは1200mAhで、充電所要時間は約30分です。本体に加えて、2個のバッテリー・チャージングドック・キャリングケース・コーナーガード・予備用フレームなどが同梱されています。

 

URL:Sorfbanku C&S

 

一方の「AirSelfie」は、わずか61gの超軽量を実現した小型ドローンです。航空法が飛行を規制する、重量200g以上の「無人航空機」に該当しないので、屋外での飛行の際も申請が必要ないことが大きな利点と言えます。最長面が97mmというコンパクトサイズでポケットに入れて持ち運びができます。またAirSelfieは1回の充電で連続約3分間の飛行が可能で、同梱の「PowerBank Case」に入れて充電することで最大1時間分の飛行が可能です。

AVwatchによれば、AirSelfieはKickstarterで支援を募集し、製品化が実現したもので、Kickstarter支援者や直販サイトでは既に販売がスタートしていましたが、ソフトバンクC&Sも取り扱う形となります。外形寸法は67.4×94.5×10.6mmとなっており、4つのプロペラと500万画素のビデオカメラを搭載しています。垂直方向に最大20mの飛行が可能で、空中からセルフィーができます。

 

URL:Sorfbanku C&S

これら2製品は、SoftBank SELECTION オンラインショップおよびAmazon.co.jp、家電量販店で販売を開始し、7月13日より順次予約を開始しています。

 

source:AV watch , Sorfbanku C&S

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like