ソフトバンクがドローンを活用した雪山遭難者特定の調査結果を発表

スポンサーリンク

ソフトバンク株式会社は、冬山登山やスキーによる山岳での遭難事故における遭難者の迅速な救助を目的とした「携帯・スマホ等を活用した遭難者の位置特定に関する調査検討」事業について、2017年5月22日に調査検討結果をまとめ、総務省北海道総合通信局に報告しました。本事業は、ソフトバンクが総務省北海道総合通信局から2016年8月に受託し、実証実験を実施したものです。

 

ドローンURL:Softbank

 

今回の事業内容は2016年8月31日から2017年3月31日にかけて行われました。内容としては、遭難者の携帯電話・スマートフォンとの通信を迅速に確保する方策として、係留気球無線中継システムと本事業のために新たに開発したドローン無線中継システムなどの臨時無線中継システムの活用を提案し、遭難者位置特定の調査検討と試作装置を用いた実証実験を実施したというものです。また、雪質などがGPSの受信や携帯電話・スマートフォンなどの通信距離に及ぼす影響についても測定を実施し、評価されています。

臨時無線中継システムのメリットとしては、臨時無線中継局と雪に埋もれた携帯電話やスマートフォンとの通信距離を大幅に短くできることや、雪に埋もれた端末の真上方向から電波を送信することで電波を雪の中に深く届かせることが挙げられます。

 

ドローンURL:総務省

 

北海道虻田郡倶知安町のスキー場の、携帯電話・スマートフォンが雪の中に埋もれた状況において、高度約100メートルに浮揚させた係留気球無線中継システムとドローン無線中継システムを用いることで、約4メートルの深さに埋もれた携帯電話・スマートフォンの位置を特定できることが実験の結果より確認されています。ドローン無線中継システムは搭載するバッテリーの関係で短時間の運用に限定されますが、ドローンの機動性による迅速な運用を行うことができることから遭難者の救出を優先する場合に、係留気球無線中継システムは悪天候に対して十分な耐性があり、長期間の運用が可能なことから捜索を優先する場合にというように、状況に応じた使い分けが可能です。

 

ドローンURL:Softbank

 

技術的検証を交えた調査検討により、係留気球無線中継システムやドローン無線中継システムが雪の中に埋もれた遭難者の携帯電話・スマートフォンの位置特定に非常に有効であることがわかり、これらの方策が調査結果としてまとめられています。調査結果の詳細については、総務省のウェブサイトをご参照ください。

携帯・スマホ等を活用した遭難者の位置特定に関する調査検討の結果(総務省ウェブサイト)

同社は本調査検討の結果を踏まえ、必要に応じて会合などでの周知を図るとともに、引き続き技術的な課題等について検討する予定です。ドローン無線中継システムの新たな活用方策を提案することで、電波の有効利用が促進されると良いですね。

source : Softbank

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like