福島県の相馬野馬追で馬が暴れる恐れがあるとしてドローンを禁止へ

スポンサーリンク

 

福島県で開催される相馬野馬追でドローンが禁止になる方針が明らかになりました。

 

 

自撮り棒も禁止に

2015年7月25〜27日に福島県相馬で開催予定となっている相馬野馬追でドローンの飛行が禁止される方針であることが明らかになりました。2015年6月13日、相馬野馬追を主催する執行委員会が決定を下し、ドローンの飛行によって馬が驚いて暴れてしまう危険性を考慮して、会場上空では全面的に禁止する方針を決定しました。

今年は常磐道が3月に開通したことを受けて、例年よりも多い人出が見込まれており、20万人以上の観光客が相馬野馬追に訪れると見られています。

今年度の相馬野馬追では自撮り棒と言われる、長い棒の先にカメラやスマートフォンを取り付けて自撮りを撮影する「自撮り棒」も禁止になり、時代の変化に合わせて委員会側も対応を行いました。

 

 

相馬野馬追は国が指定している重要無形民俗文化財で、馬に甲冑を着た人が乗り、行列をなしたり、神旗争奪戦などが繰り広げられるイベントで毎年多くの観光客で賑わいます。

今年は、ドローンの墜落事故などが相次いでいるだけでなく、注目が集まっているドローンを購入して空撮をする人も増えているため、執行委員会側は対応を迫られていました。

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like