スマホで簡単操作できるドローン「GHOST」を提供するスタートアップ「EHang」

スポンサーリンク

 

 

EHang社はGHOSTという名称のドローンを販売しているハードウェアスタートアップで、国内外から高い注目を集めています。

 

ghost

 

スマホで簡単操作

GHOSTの特徴は、だれでも簡単にスマートフォンのアプリでドローンを操作することができることです。現在はiOSとAndroidの両方でアプリがリリースされています。初心者でも使い始めて30秒で飛ばすことができると言われており、様々な機能をワンクリックで利用可能です。

 

ghost

 

ドローンは飛行中に電波が届かなくなり、操縦できなくなることがあるのですが、GHOSTには自動帰還モードが搭載されているため、万が一、電波を失っても自動で離陸地点に戻って来るために安心です。
また、半径1000メートルの範囲内まで電波が届くため、リアルタイムに飛行データをスマホアプリに送信し、ドローンの状態を確認することができます。
ホバリングコマンドも用意されており、緊急事態などがあればワンクリックでドローンをその場にホバリングさせて飛行をストップさせることができます。
ドローンの飛行経路の設定は専用のアプリの地図を指でなぞるだけで完了します。出発地点と目的地点を指定するだけで、あとは自動でドローンが飛行するため、素人でも簡単にドローンを飛ばすことができるのです。

 

20141027141532-features1__1_
マイクロコントロールモードという機能もあり、スマホを通じてドローンの飛行距離の微調整も可能です。従来、スマホの地図の画面から飛行経路を設定する機能は他の企業のドローンアプリでも実装されていましたが、スマホの画面では目的地点の場所の微調整がどうしても難しいという問題がありました。マイクロコントロールモードを利用すれば、そういった飛行距離の微調整も可能となります。

 

20141109121646-micro-control
セルフィー系ドローンが流行っていますが、GHOSTにもオートフォローモードが搭載されており、ターゲットを設定した後は自動で追跡していく機能を持っています。そのため、ターゲットが移動の向きを変更しても、ドローンは適確に追跡して撮影を続けてくれるため、スポーツ競技をしている最中の選手の撮影にも向いています。
GHOSTの操作方法の中でも最も特徴的なのが「Tiltモード」と呼ばれる機能で、ドローンに接続されているスマホを回転させるとそれに同期して飛行中のドローンがホバリングしながらその場で回転したり、スマホを前に倒すとドローンが前に飛行していき、後ろに倒すと戻ってくるといった、スマホに搭載された重力加速度計を利用した操作も人気機能の一つとなっています。これによって、素人でも直感的にドローンを操作することが可能となるのです。

 

iOS版とAndroid版のドローンが販売

現在GHOSTでは3種類のドローンが販売されているのですが、それぞれiOS専用と、Android専用のものがあるので、間違えないように購入する必要があります。こちらで販売商品をチェックしてみましょう。

販売されているのは「GHOST Basic」「GHOST Aerial」「GHOST Aerial Plus」の3タイプ。

基本となるGHOST Basicにはカメラは付いておらず、ジンバルも搭載できません。スマホでの操作は可能なので、シンプルにドローンを飛ばしてみたいという方にはおすすめです。価格は$599で販売されています。

ghost

GHOST Basic

 

GHOST Aerialはジンバルが搭載されているため、GoProを始めとする自分の好きなカメラを装着して空撮を楽しむことができます。価格は$729です。

ghost

GHOST Aerial

 

GHOST Aerial Plusはジンバルだけでなく、Ehang社製のスポーツカメラとマイクロSDカードが付いてくるため、商品が自宅に到着してすぐに飛行を楽しむことができます。価格は$799となっており、カメラやSDカードが付いてくることを考慮するとGHOST Aerialよりお得な商品と言えそうです。

ghost

GHOST Aerial Plus

 

GHOSTはクラウドファンディングサイトのIndiegogoにて、$859,771の資金調達に成功したことで、大きな話題を集めました。EHang社は次世代型ドローンとして「SKYWAY Drone」の開発を行っており、今後も注目のスタートアップと言えます。

source : EHang

source : GHOST

source : Angel List EHang

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like