様々な用途で活用できる小型ドローンを開発するスタートアップ「Extreme Fliers」

スポンサーリンク

 

Extreme Fliersは「Micro Drone」という小型ドローンの製造販売を行っているロンドンのスタートアップです。

 

drone

 

Extreme Fliersは数あるドローンメーカーの中でも小型ドローンに特化して研究開発を行っており、将来的に「一家に一台ドローン」という時代が来たときのために様々な機器を搭載することができるハードウェアを開発しています。小型ドローンは様々な用途に利用されることが見込まれるために、同社が開発するMicro Droneの心臓部はモジュール思想の設計となっており、様々な外部アクセサリーを接続できるようになっています。HDカメラはもちろん、レーザーポインター、懐中電灯、はたまた3Dプリンター用のアクセサリーを装着することも可能です。

Extreme FliersのサイトからMicro Droneを購入することが可能でドローン本体のみの「Micro Drone 2.0」は$99、カメラキットも付いた「Micro Drone 2.0 with Camera Kit」は$119.99で販売されています。また、代替用のアクセサリーやパーツなども多数販売されているため、用途に合わせて購入が可能です。値段もお手頃なので、試しに買ってみて操縦してみるのもおすすめの機体と言えるでしょう。

 

Micro Drone 3.0も発売

Extreme Fliersは2015年6月よりMicro Drone 3.0を販売します。こちらのドローンも手のひらサイズで、2.0よりもいくつかの点でパワーアップした製品となります。

 

drone

 

世界最小のジンバルを搭載しているため、飛行中の映像も安定的に撮影することが可能です。ドローンから空撮される映像はリアルタイムでスマートフォンに送信されるために、FPVのような操作も可能となります。Oculus RiftのようなVRヘッドセットと併用することによって、一人称視点で飛行を楽しむことができるのもMicro Drone 3.0の大きな特徴です。

Wi-Fiと2.4GHz帯を利用することで、約100メートルの範囲まで遠隔飛行ができ、iOSやAndroidといったスマートフォン・タブレット端末から簡単に操作することが可能です。

 

drone

 

source : Extreme Fliers

source : Angel List Extreme Fliers

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like