スイス国営郵便事業会社がドローンによる小荷物配達の試験を開始、米Matternetが協力

スポンサーリンク

 

スイス国営郵便事業会社のスイスポストがドローンを利用した小荷物配達の試験を開始しました。

 

drone

AFP/Fabrice Coffrini

 

実現にはMatternetが協力

スイスポストは2015年7月7日、小荷物配送用のドローンを初公開しました。本格的に普及するまでには5年程度かかるということですが、ドローンによる配送事業の実現に向けて大きな一歩になったことは間違いありません。

今回の試験ではドローンの配達の有効性について実証実験が行われ、試験は7月末まで続く見通しです。

機体はフレームの中央部分が空洞になっており、そこにスイスポストの荷物が入った箱が収容されるデザインとなっています。1度の充電で重さ1キログラムの荷物を10キロメートルほど配送することが可能です。

今回の試験では、民間航空会社Swiss International Air LinesやWorldCargo、米スタートアップのMatternetなどと協力して実験が行われています。ドローンの安全な航行のためには飛行経路を自律的に判断しながら飛行する必要があるのですが、今回の試験で利用されているドローンにはMatternetのソフトウェア技術が利用されているとのことです。

 

 

ドローンによる配送が実用化するまでには様々な実証実験が必要とされており、スイスポストは商業利用が実施されるまでには5年程度の実証実験が必要であるとしています。安全に航行するための自律飛行の実験やバッテリーの寿命問題など、問題が山積しており、徹底的に実験をしていく構えです。また、スイスの国土全域にドローン配送を行うための法規制の枠組みや実現可能性などについても調査が行われていく予定です。

当面のところ、一般の小荷物配送のために利用する目的よりも、災害などの緊急時に隔離地域に救命物資を届けることを想定して実験が行われていく方針で、アルプス山脈に点在する孤立した村に必需品を届ける役割も期待されています。

米AmazonもAmazon Prime Airのプロジェクトの中で商品の配送をドローンで担うために実証実験を繰り返していますが、スイスポストとMatternetの取り組みはAmazonの配送システムよりも一歩先を行っているようです。

source : http://www.thejakartapost.com/news/2015/07/08/drone-postal-deliveries-begin-switzerland.html

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like