テラドローンとUnifly NVが戦略的パートナーシップを締結、UTMサービスの世界展開を計画


スポンサーリンク

 

unifly teradrone

 

現在様々な分野におけるドローンの活用が急速に進んでいますが、その運用条件は視界内での飛行など限られています。その背景としては無人航空機の飛行規制に加えて、安全を配慮した運行管理の仕組みが未だ整備途上である事が考えられます。さらに、ドローンの不適切・不適法な使用も世界各国で発生しているのも事実であり、ドローンの市場が今後さらに拡大していく中で必要なのは、機体の安全な運用です。

 

unifly teradrone

 

そんな中、ドローンを活用した測量サービスを展開するテラドローン株式会社が、ドローンの運行管理システムであるUTM(UAV Traffic Management)事業の開始を発表しました。UTMとは、リアルタイムで無人航空機の位置情報を把握することのできるシステムで、複数のドローンの効率的で安全な運用を実現できます。その他にもドローンのフライトプランの管理や飛行エリアの管理、無人航空機間の衝突防止や緊急時の停止などの機能も搭載されているため、機体の安全な運用が可能となるのです。

 

unifly teradrone

 

同社はUTM業界において世界的なリーディングカンパニーであるUnifly NVに約5億円の資本を投入することによって、戦略的パートナーシップを締結しました。すでに開発・構築されたUniflyの最先端技術や、今後展開する予定のサービスなどを含めて、テラドローンと協力し、ビジネス展開をしていきます。この契約締結によって、UTMサービスの世界展開を目指します。主に欧州でのサービス展開はUniflyが担い、太平洋・アジア地域におけるサービス展開はテラドローンが担っていく予定です。また、今後北中南米領域とも協働してサービスの展開を実施してきます。

ベルギーに本社を構えるUniflyは、約5年前より欧州でUTMサービスを開発・提供しており、欧州の大手航空会社、航空管制システム企業と提携して、UTM業界のパイオニア的存在となっています。同社はドローン又はUTM関連の世界的な団体・機関においても中心的な役割を担う存在です。

今後は衝突防止センサーや気象情報、侵入禁止エリア情報やセキュリティなど、複数の技術や情報を組み合わせることによって、より精度の高いUTMサービスの提供を目指します。また、土木測量・点検・農業・物流・防犯・救助等の産業のニーズに合わせることのできるように、システムのカスタマイズや導入を実行していきます。さらに政府・自治体、関連機関と協働することによって、UTM運用における規制・ガイドラインに対応したシステムの構築を実施していく予定です。

 

source:PRTIMES

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like