トプコン、標定点の設置が不要な測量システムを開発

スポンサーリンク

東京都板橋区に本社を構える株式会社トプコンが、ドローンを使った空中写真測量を大幅に省力化するシステムを開発したと発表しました。内容としては、測量機器を活用することによってドローンを自動追尾し、従来ドローンを使った測量に必要だった標定点の設置を不要にするというものです。

 

topcon

URL : topcon

 

国土交通省は「生産性革命プロジェクト」の名の下に、「i-Construction」の義務化を進めています。i-Constructionとは、建設現場において3次元データやICT技術を活用することによって、生産性や品質、作業の安全性の向上を目指すというものです。「i-Construction」の推進によって、現在さまざまな測量作業でドローンを活用する動きが出始めています。ドローンによる空中写真測量では、空中から撮影した写真を解析することで、工事現場の地形を3次元モデル化することが容易にできます。

しかし、従来の方法だと、撮影するカメラの3次元位置を測定するために多数の標定点を地上に設置して写真に写しこむ必要がありました。この標定点を設置する作業は設置技術やスキルが必要なほか、工事の進捗によって設置と撤去を繰り返す必要があったため、面倒で手間のかかる作業でした。これらの作業は工事の効率面を考えると、大きな課題でした。

 

topcon

URL : topcon

 

今回トプコンは、同社が提供する自動追尾型トータルステーションを活用して、ドローンの飛行経路を自動追尾することで、標定点を設置することなく、撮影カメラの精密な3次元位置を測定する世界初のシステムを開発しました。本システムを活用することによって標定点の設置をせずに精密な3次元位置を測定することができるため、ドローン測量において大幅な省力化を実現し、「i-Construction」の普及を加速させることに繋がります。

 

source : topcon

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like