デザイン会社「TRIPOD DESIGN」が「ドローン進入・撮影禁止ステッカー」を販売開始

スポンサーリンク

 

大分県のデザイン会社「TRIPOD DESIGN」が「ドローン進入・撮影禁止ステッカー」を販売開始しました。

 

TRIPOD DESIGN

http://www.tripod-d.com/blog/

 

未然にトラブルを防ぐために

TRIPOD DESIGNは大分県に本社を構えるデザイン会社で、2010年に創業されました。同社は2015年5月20日に、ドローンに関連するあらゆるトラブルを未然に防ぐことを目的に「ドローン進入・撮影禁止ステッカー」の販売を開始しました。

4月22日に起こった総理官邸へのドローン進入事件を皮切りに、全国の都道府県の公園でドローンの飛行を禁止する措置が相次いでいます。公園の管理者が、「ドローン禁止」の看板を建てたり、掲示板にドローンの飛行を自粛するように促す張り紙を掲示するなどの対応を行っているため、今回販売されたドローン禁止ステッカーは一定の需要があることは間違いありません。

同社のブログによると以下のような用途を想定しているということで、今後人気が出てくる可能性も十分にあるでしょう。

市販のポールチェーン看板に貼り付けて、私有地や公園などでドローンの飛行に注意を促す。手持ちのプラカードに貼りイベントの際にドローンの飛行に注意を促す。ご自宅のベランダに貼り・・・・と、あらゆる場所でドローンの飛行・撮影に注意喚起できるステッカーです。
これから夏へ向けて開放的になり、「暑いし、ドローン飛ばしちゃおっか!」みたいな人々に対応できる「ドローン飛行・撮影禁止ステッカー」を皆様にもご購入いただければ幸いでございます。

価格はステッカー1枚600円で販売しており、同社のウェブサイトを通じて購入することができます。サイズは縦約19センチ、横約12センチとなっています。

source : TRIPOD DESIGN

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like