茨城県つくば市にドローン試験飛行場がオープン

スポンサーリンク

 

 

茨城県つくば市にドローン専用の試験飛行場がオープンしました。

 

By: PeteCC BY 2.0

 

試験飛行場は企業に開放

2015年5月18日、ドローン専用の試験飛行場「物流飛行ロボットつくば研究所」がつくば市にオープンしました。企業や研究機関がドローンのテスト飛行を行う際に利用したり、ドローンのパイロットの育成施設としても活用される予定です。

試験飛行場を設置したのは、無人航空機システム(UAS)の民間利用を健全に広めるために2014年7月に設立された一般社団法人「日本UAS産業振興協議会」です。同団体は企業や研究者が設立したもので、様々な分野の企業や個人が参加しています。所属している企業の1つが工業団地用に所有していた約3800平方メートルの遊休地を試験飛行場に活用することになり、今後は敷地内にプレハブの事務所を建てて運用する予定です。試験飛行場を利用する企業向けに、団体独自の安全ガイドラインを作成し、6月中にも発表する予定となっています。

18日の開所式では、理事長を務める東大の鈴木真二教授が「ドローンの安全な運用ルール作成のために実験飛行を重ねることが必要不可欠で、その場所が我々の願いでした」と挨拶を行いました。

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like