イギリスのドローン規制について

スポンサーリンク

イギリスの航空大臣であるAhmad氏は、ドローンの飛行に関連する法律をより厳しくすることを計画しています。「現在娯楽目的でドローンを使っている人でも、将来的に商業目的でドローンを使うこともありえます。機体の登録をすれば、誰の所有物なのかを把握することができますが、その他には効果的な飛行トレーニングを実施したり、事業計画を登録するなどの対策も考えられます。」と語っています。

 

uk drone

URL : BBC

 

また、「ドローンを悪用することに対して罰則を課すことによって、刑務所周辺や病院周辺など、デリケートな領域での飛行を防ぐことが可能となります。また、ドローンによるプライバシーの問題もあります。これはドローンの時代が到来するにあたって重要な問題です。」と述べています。ドローンの人気は近年急増しています。小売業者Maplinは2016年に41,000台の機体を販売しました。また、Amazonは12月にイギリスでドローンを使用した配送を行いました。

 

uk drone

URL : BBC

 

しかし、ドローンの使用量が増加するに伴って、ドローンに関連する問題が浮上していることも事実です。昨年、ドローンと航空機に関連する59件の事件が発生しています。民間航空局のJonathan Nicholson氏はドローンの規制に関する業務を担当しています。「多くのアドバイスは常識的なものです。400フィート(120m)を超えてドローンを飛行しさせないこと、空港や飛行場、航空機の近くで飛行させないこと、視野内で飛行させることなどです。」11月に更新されたCAAの規則では、以下のようにシンプルかつ重要な部分を覚えやすいように設定されました。

1)空港や飛行場の近くを飛行させない

2)建物や人から120m(400ft)未満、少なくとも50m(150ft)離れたところで飛行させる

3)常にドローンを監視する

4)航空機の近くでは絶対に飛ばない

5)操縦士としての責任を果たす

 

source : BBC

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like