ウクライナが国境監視用ドローン開発資金をクラウドファンディングで調達

スポンサーリンク

 

 

資金難に苦しんでいるウクライナ防衛省。同国のウクライナ人グループは防衛省からの支援要請を受けて、ロシアとの国境を監視するためのドローン10機の製造資金として約36,000ドルを集めるためにウェブサイトを開設し、クラウドファンディングで資金の調達を行いました。今回の事例は、国防の装備をクラウドファンディングで調達するという大変珍し事例です。

 

drone

 

ウクライナ防衛省の要請を受けて結成されたグループ

今回、クラウドファンディングを通じて国境監視用ドローンの調達を行ったのはPeople’s Projectというグループです。People’s Projectはウクライナ防衛省からの要請を受けて結成されたグループで、同グループの年間の予算額はわずか19億ドルしかありません。

ウクライナ軍は、東部に居住している親露分離派やロシア軍に対抗する必要がある一方で、資金難に悩まされています。そのため、軍の費用を寄付するようにウクライナ国民に訴えかけています。そういったことを背景に、People’s Projectのメンバーは今回、クラウドファンディングという形でドローンの資金調達を行いました。

今回の募集では、自律型無人オクタコプター「People’s UAVs」10機分の調達として約36,000ドルを目標値と設定しました。結果的にクラウドファンディングによる資金調達は成功を収め、ドローン10機の製造には十分な資金が集まったのですが、将来的には監視網を広めるために数百機分のドローンを製造する資金が必要だとしています。もちろん、量産体制に入れば1機あたりの製造コストは劇的に下がるため、今回の10機は試験的な位置付けで、問題なく稼働することが証明されれば、本格的な調達がスタートするのかもしれません。

 

drone

 

国内のエンジニアに製造を依頼

People’s Projectでは、監視・偵察用ドローンの開発を目指しており、ウクライナ国内のエンジニアに対して協力を求めています。製造が完了すればすぐに実践配備される予定で、飛行時間は最大1時間、最高時速120キロメートルが出る仕様となっています。ホビーライクな商品や商業利用されているドローンと比較しても高いスペックを持った無人機であると言えるでしょう。

People’s Projectはこれまでに、ウクライナ防衛省に対してパラシュート大隊の配備費用の調達を行ったほか、専用の通信装置の提供を行った実績を持っています。

 

 

 

source : People’s UAVs

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like